ルーティン作業ほど魂を込めて取り組んでくださいね。

というのも、『ルーティン』という言葉を聞くとなんとなくイメージできると思います。

確かにサラリーマンのルーティンワークは自分の給料に対して影響しないので、日々の作業は適当でもそれほど問題にはなりません。

そもそも、ある程度大手になると仕組みが出来上がっているので、適当にやっていてもしっかり事業が回るように作られています。

しかし、自分のビジネスに関しては売上にダイレクトで影響が出ます。

だからこそ、『ルーティンワークこそが一番大切』ってことを改めて知ってもらいたいと思います。

そもそもの話。毎日やるってことはなんで?ってことなんですよ。

それって、『毎日やらないといけないくらい重要な仕事だから』じゃないんですか?

『毎日やればいい仕事』になっていませんか?

例えばせどりにおいて重要な仕事である

『 リサーチ 』

これらが明らかに適当になってるんですよ。それなら、やらない方がマシです。

だって、ちゃんとやらないなら絶対に稼げませんから。当たり前ですが、それってタダの時間の無駄なわけで。

実力も経験もお金もない人間が適当にやってどうすんの?って感じです。

時間を長くかけてやれってことじゃないですよ。

『魂込めてやってんだ!』

そうやって胸を張って言えるくらい、日々の活動に取り組んでいますか?

手を抜いている人は、だから売上が発生しないんですよ。

『よし!頑張った!(オレなりに)終わったー!』

そんな感じになっていませんか?

本当にそれでいいんですか?

稼いでいる人の行動や思考を見て勉強していますか?

『作業する時間が取れない』

『いい商品が見つからない』

そんなのはいい訳です。

時間がないなら寝なければいい。時間がないなら残業を減らせる努力をすればいい。

いい商品が見つからないならもっとリサーチをすればいい。
いい商品が見つからないならリサーチの幅を広げればいい。

たったそれだけの違いなんですよ。 『稼ぐ』か『稼げない』かの違いなんて。

稼げていない人は

『思考停止しながら仕事をしている』

ということを。

無料相談のお問い合わせ

問い合わせは『ライン@』からお願いします!

ライン@ こちら