ダイエットで一番辛いことは特に食事制限ですよね。

野菜と低カロリーの食品しか食べれず、白米が食べたくなることもあるでしょう。

しかしダイエットに過剰な制限は禁物です。

そこで今回は無理して食事制限をするのではなく、ご飯が食べられるおにぎりダイエットについてご紹介します。





おにぎりダイエットとは?

炭水化物は太ると言われていることから、「おにぎりは太る」と思っている人も少なくないと思います。

なんといってもおにぎりはお米。つまり、炭水化物の固まりなのです。そのことから食べると太るというイメージが強いと思います。

しかし、食べ方さえしっかり気をつければ太るどころか、痩せるのにも効果があるのです。

スポンサーリンク

おにぎりダイエットのすごい効果とは?

おにぎりは一般的な大きさのものなら2個食べても400kcal程度の優秀な食品です。

ご飯は食物繊維と同様の働きをする難消化性デンプン(レジスタントスターチ)を含んでいるので、整腸作用や血圧に働きかけてくれるといった効果が期待できるそうです。

さらに玄米で作ったおにぎりならば白米よりも栄養価が高いうえに食物繊維によるさらなる整腸作用もあるとか。

おにぎりダイエットの効果のあるやり方とは?

おにぎりダイエットの基本は1日およそ2合分のお米を摂取します。目安としては、朝食に1~2個、昼食に2~3個、夕食に1個。

おにぎりの具は特に決められていませんが、なるべくカロリーの低いものを選んだ方が効果がでるので、梅や昆布、鮭、おかかなどを選ぶことがおすすめです。

栄養のバランスを考えて、サラダや味噌汁などを一緒に摂取してもいいそうです。サラダには脂質を含む油性のドレッシングやマヨネーズを使わず、ノンオイルのものを使いしましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー: ダイエット

1件のコメント

HoloEleli · 2021-03-22

http://hcialischeapc.com/ – can i buy cialis online

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。