8時間ダイエットとは8時間以内に全ての食事を終わらせ、残りの16時間は飲み物だけで過ごすというシンプルなダイエット方法のこと。

私たちの体内では食べ物を消化させる「消化酵素」と新陳代謝を促す「代謝酵素」が作られています。

これらの酵素は胃の中に食物が入っている時間帯が長いと消化酵素が優先的に生成され、代謝酵素の分泌量が減少してしまう特徴があるそう。

つまり、一般的なライフスタイルのように「朝7時に朝食」→「昼12時に昼食」」→「夜19時に夕食」といったスケジュールで時間をかけながら3食食べていると、胃の中に常に食物が入っているため、代謝酵素が十分に足りず太りやすい体質になってしまうのだそうです。

今回はその8時間ダイエットの驚きの効果と方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

8時間ダイエットの効果

8時間ダイエットは、1日の食事を8時間以内に済ませることで、効率の良いダイエット効果を得ることができます。

食事をする8時間以外は空腹状態になりますが、この空腹状態が痩せやすい体質へと変えてくれます。

無理な食事制限をしなくても、8時間ダイエットなら自然に摂取カロリーを減らし、体重を落とすことができます。

8時間ダイエットは、とてもシンプルなやり方ですが、体に負担をかけずに高いダイエット効果を得ることができるのです。

ダイエットを意識した食事内容や時間を守り、8時間ダイエットのすぐれた効果で理想の体型を手に入れましょう。

効果①無理なくカロリー制限ができる

8時間ダイエットの効果が高い理由の一つに、自然にカロリー制限ができることがあります。

実は、3食を8時間以内に済ませるのは難しく、食べたものが消化しきらないうちに次の食事の時間が来るため、お腹が減りにくいのです。

そのため、自然と食事量を減らすことができ、1日の総摂取カロリーを無理なく抑えて減量に成功しやすくします。


しかし、8時間以内なら何を食べてもいいからと、カロリーの高いものばかり毎日食べていては意味がありません。

ダイエットを意識した食生活を心がけながら、時にはラーメンやスイーツを食べても通常の量であれば問題なくダイエットを継続できます。

スポンサーリンク

効果②代謝酵素の量を維持

私たちの体には、消化酵素と代謝酵素という2つの種類の酵素があります。この2つはとても密接な関係があり、例えば、消化酵素をたくさん使うと代謝酵素が減ってしまう仕組みになっています。

消化酵素:食べたものを細かく分解し吸収しやすくする。
代謝酵素:エネルギーを消費するために欠かせないもの。

食事をとる時間が長いと、消化酵素の消費量が多くなりエネルギーを消費するために欠かせない代謝酵素の分泌が減ってしまいます。

しかし、8時間ダイエットでは、食事をとらない時間が多くなるので消化酵素の消費量を抑制して代謝酵素をたくさん使うことができます。

代謝を促進して脂肪を燃えやすくし痩せやすい体を作ることができるのです。


8時間ダイエットのやり方


8時間ダイエットは8時間以内であれば好きなものを食べてOKですが、極端に暴飲暴食をしてしまうと摂取カロリーが多くなり逆に太る可能性があるので適量を心がけましょう。

仕事の付き合いなどでランチやディナーの予定が入った時は朝食は食べずに12時から20時に食べるなどその日の予定によって食事時間を上手く合わせるようにしてください。

また、8時間ダイエットは下記の8種類の食材から2種類選んで食べるというルールがあります。そうすることで自然とバランスが整った食事ができると言われています。

・卵、脂質が少ない肉類
・乳製品
・ナッツ類
・豆類
・ベリー(いちご・ブルーベリーなど)
・明るい色の果物(オレンジ・りんごなど)
・穀物(玄米など)

スポンサーリンク

カテゴリー: ダイエット

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。