ダイエットは根気と体力が必要となりますよね。ダイエットはした事ある人にしかわからない辛さがあります。

楽して痩せれたら良いのにと思う事もあるでしょう。

カラダの仕組みを利用して下剤を使ったダイエットをする方もいるようですが、恐ろしい行為なのです。

スポンサーリンク

下剤ダイエットとは

下剤を飲むことで食べたものが消化器官の中にある時間を短くし、栄養吸収を妨げることにより痩せよう、という安直な考えから生まれたダイエット。

厳密にはダイエットではなく、自傷行為となりますよ。そして下剤でダイエットはできません。下剤を利用して出るものは、便であり脂肪ではありません。

一時的に体重が減ったように見えますが、それは便が出た分体重が軽くなっただけで、次の食事を摂れば元に戻ります。

下剤ダイエットの危険性

自己判断で下剤の量を増やしたり、便秘でもないのに下剤を飲んだりすると、強い下痢による腹痛、脱水などの症状が現れます。

下剤を使用すると下痢になってしまいますので、その時に水分も多く排出されるので脱水症状になってしまう可能性も。

下剤を使用し過ぎる事で腸が自分で便を押し出す力が弱くなってしまいます。そのため、慢性的な便秘になる、もともとあった便秘がひどくなる可能性も。

仮に、カラダは痩せたとしても痩せたというよりはゲッソリややつれたという印象を与えてしまい、健康的ではありません。

便秘薬に美容効果はない!

若い人でこのような使い方をする方がインターネット上でも話題になっていますが、美容のために便秘薬をのんでいるとしたら、それは間違い!


それどころか便秘薬を毎日下痢が続く程使い続けると、栄養が吸収されず栄養不良になって、肌が荒れてきたり、髪の毛のツヤがなくなってきてしまいます。

大前提として便秘薬はお通じがきていないときに使うものであって、痩せることを目的に作られた薬ではないことを心得えましょう。

スポンサーリンク