寝る前にはちみつを食べるだけはちみつダイエットをご存知ですか?

寝ている間効率よく脂肪燃焼することができることで今話題となっているダイエットです。

ここでは、はちみつダイエットやり方や注意点など、はちみつダイエットを上手にすることができるポイントを紹介しています。

はちみつダイエットとは?

はちみつダイエットとは、寝る前はちみつを大さじ1杯ほど摂取することによって成長ホルモンの分泌を促し、脂肪燃焼効果を促すダイエット方法です。

睡眠時、脳が肝臓に蓄えられたブドウ糖を使いエネルギーに変え、骨や筋肉の成長、たんぱく質や糖質の代謝を行っています。

その際に十分なエネルギーとなるブドウ糖をはちみつから摂取することにより、成長ホルモンの分泌を活発にすることによって、脂肪燃焼効果を高めることが可能です。

スポンサーリンク

はちみつダイエットのやり方はシンプル!寝る前に食べるだけ!

やり方といっても簡単で、寝る1時間前くらいにスプーン1杯のはちみつをそのまま食べるだけになります。

はちみつダイエットはやり方というよりも、効果的にするポイントや注意点が重要です。

それでは注意するべきポイントを見ていきましょう

はちみつダイエットの効果的なポイント

単に寝る前にはちみつを食べるだけでなく、ポイントを抑えることによって正しく効果的にはちみつダイエットを行うことができます。

はちみつの摂取量は大さじ1杯

何度も繰り返しますがはちみつの摂取量は大さじ1杯が適切です。

それ以上摂っても効果が上がるダイエット方法ではありませんので、摂り過ぎて逆に太らないように注意してください。

はちみつを摂取するタイミングは寝る1時間前

はちみつダイエットは寝る1時間前に摂るのが効果的です。

はちみつがエネルギーとしてしっかり体に吸収されることが重要ですし、しっかり寝付くことも重要です。

はちみつの食べ方は「そのまま」がおすすめ

はちみつダイエットは手軽さもポイントです。

はちみつをそのまま食べるのがおすすめですが、そのまま食べるのが苦手な方は水やお湯に溶かして摂取するようにしてください。

また、ないとは思いますがパンなどに塗って摂取すると太りやすいので、絶対に避けてください。

食事は寝る3~4時間前までに


成長ホルモンをしっかりと分泌させる為には、質の良い睡眠が欠かせません。

食べたものが胃の中に残っていると、眠りが浅くなってしまうので、就寝の3~4時間前までに食事は済ませるよう心掛けましょう。

生はちみつを選ぶ

はちみつには水飴などが加えられた加糖はちみつがあります。

加糖はちみつの場合はショ糖(スクロース)なのですぐにエネルギーとして吸収されない糖です。

はちみつダイエットを行う場合は、人工的に加工されていない生はちみつで行うようにしてください。

また、生はちみつは高い栄養素が特徴ですが、加熱処理されている精製はちみつも存在します。

はちみつのせっかくの栄養素が壊れている状態のはちみつになるので、やはり生はちみつを選ぶようにすれば間違いありません。

スポンサーリンク


カテゴリー: ダイエット

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。