そもそも化粧水とは?

化粧水には、角質を柔軟にし、水分と保湿成分を与えて肌を整える効果があります。洗顔後、最初につけるアイテムが化粧水という人は多いですよね。

洗顔後の肌は、汚れや皮脂が落とされてデリケートな状態です。そのままにしておくとどんどん肌の水分が蒸発してしまうので、化粧水で補給するのは美肌作りには欠かせないステップです。

また、次につける美容液や乳液などが浸透しやすいようにする肌の土台作りとしての効果も期待できます。

では、一体、一般的な化粧水はどんな成分でできているのでしょうか。
化粧水の成分は80~90%が精製水で、残りは防腐剤や保湿成分、有効成分などでできているとされています。

「え! ほとんど水なの!?」と、驚いた人もいるかもしれません。しかし最近の化粧水はかなり進化しており、うるおいを与えるだけではない高機能な化粧水が続々と登場しています。その効果は美容液に匹敵するほど! 化粧水は使わないという人も、一度いろいろな化粧水を試して、自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

たくさんある!化粧水の種類!

導入化粧水

普通の化粧水の前に使うプレ化粧水。次に使う化粧水の浸透をよくする役割があります。

保湿化粧水

保湿成分が各層に水分を与え、肌を整える効果があります。みずみずしくうるおいのある肌に導きます。

美白化粧水

保湿化粧水に美白成分を配合し、シミのケア、メラニンが肌に定着するのを防ぐなど、美白を目的とした化粧水です。

ニキビ用化粧水

ニキビケアに有効な化粧水。抗炎症作用のあるグリチルリチン酸やトコフェロール(ビタミンE)などが配合されています。

収斂(しゅうれん)化粧水

アルコールのが多いのでさっぱりした使い心地が特徴。皮脂をコントロールする効果や肌を引き締める効果があります。脂性肌の人は顔全体に、皮脂の多いTゾーンに部分使いするのがおすすめ。

いっぱい使えばいい訳ではない!正しい分量は?

化粧水はどのくらいの分量を使えばいいのでしょうか?
メーカーによりさまざまなので、基本的には推奨されている規定量を使うのが原則です。


わかりにくいのが、「適量使う」という表現です。

これは、その人の肌質や肌の状態によって、適量が違うからです。

でも、スキンケア初心者だと、どのくらいの分量が自分の肌にとって適量なのか迷いますよね。 そんなときはまず、500円玉くらいの大きさの化粧水を手にとり、肌になじませてみましょう。

 最後にやさしくハンドプレスして、肌の感触を確かめてみてください。しっとりとして、吸い付くような感じなら化粧水の分量は足りています。もしまだ肌が、乾いたようなサラッとした感触なら、うるおってくるまで重ねづけしてください。

また、奮発して買った高価な化粧水だと、もったいなくてチビチビ使っている人も多いですが、化粧品の効果は、規定量どおり使って初めて発揮されるものです。ケチって使うくらいなら、リーズナブルな化粧水をきちんと適量使ってくださいね。

スポンサーリンク

カテゴリー: ライフスタイル