ランチタイム・お昼休みの過ごし方は人それぞれ。

一般的に正午を挟んで1時間前後の職場が多いようですが、そんなちょっとした時間を利用すれば

スキルアップに効果的です。

短いランチタイムを有効活用してスキルアップをしてみませんか?

時間を有効活用!ビジネスランチタイム

情報交換ランチ

ビジネスマンの中には、ランチタイムに外部の人に会って情報交換をする人がいます。

注意点は、話す内容をまとめておくこと。

話がまとまっていないと、無駄な時間を生み満足感のないランチになってしまいます。

情報交換を目的するランチでは、相手から何を引き出すのか考えてから行うようにしましょう。

営業や交渉のためのランチ

営業の交渉としてランチタイムを活用する人もいるでしょう。

取引先との食事をするのは、仲を深めるのに効果的。

お願いしたいことや契約をまとめたいときに食事の場を用意すると、話がまとまりやすくなります。

夜とは違い、ランチは時間が限られているため、時間も早く終わり費用が抑えられるのがメリットです。

自己投資ランチ

食事の時間を10分程度に抑え、特定分野の専門書やビジネス書を読んだり、資格取得のための勉強をしたりするのもいいでしょう。

ランチタイムは限られた時間の中で必要な情報を得ようとするため、効率よく勉強できます。

仕事をしながらのランチはNG!

自席で仕事を続けながら弁当を食べるパターン。

エンジニアやWEB制作に携わる仕事をしている人は、このスタイルが多いかもしれません。

ビジネスマンは作業を中断させたくないため、自席で昼食をとる場合がほとんど。

しかし、ランチタイムをちゃんと取ることで、頭の中で考えが整理されて、午後の仕事がはかどります。

よほどの理由がない限り、ランチタイムは「気分転換の時間」として利用するほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

自分磨き編

エクササイズ

食後に無理のない範囲で身体を動かすのもオススメです。

職場の近くに公園などがあれば、散歩やウォーキングにぴったりですね。

他にも食後にできる簡単なストレッチなどもあります。激しい運動は疲れたり、

汗をかいたりするので難しいでしょうが、血行をよくして身体を温めたり、

筋を伸ばしたりすることは、健康増進に役立ちます。

リラクゼーション

実は食後の時間は昼寝タイムにしている、という方は少なくないようです。

ただ昼寝するのではなく、ポイントを押さえたリラクゼーションタイムにすると、午後の仕事の活力にもなるでしょう。

パソコンで疲れた目や手をマッサージしてみたり、足のむくみを解消する軽い運動を行ったりするのもオススメです。

10~15分単位で受けられるマッサージもありますので、職場の近くにないかチェックしておいてもいいでしょう。

スポンサーリンク


カテゴリー: ライフスタイル