化粧水と乳液は『基礎化粧品』と呼ばれるほど、美肌の”土台”を作るために重要なアイテムです。

この記事では、化粧水と乳液の違いや正しい使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

乳液の役割

一般的に、乳液は肌の水分を蒸発させないための『蓋』のような機能があります。そのため、いくら高保湿タイプの化粧水をつけていても、乳液とセットで使わなければ肌の水分は次々と蒸発していき、肌の乾燥を加速させてしまうでしょう。
さらに、乳液には硬くなった角質を柔らかくする効果もあるため、ザラつき・ごわつきなどの肌トラブルを予防する効果も期待されています。

乳液の種類

乳液の種類は、『保湿』『UV』『ティント』の3種類に分けることができます。
使う目的や使う時間帯によって最適な種類が異なりますので、購入前に学んでおくと良いでしょう。

・保湿乳液
水分と油分を含んだ乳液に、保湿成分も加えて作られたのが『保湿乳液』です。乳液として広く知られているのがこちらの保湿乳液タイプであり、お風呂あがりや夜のお手入れに最適です。

・UV乳液
スタンダードな保湿乳液をベースに、UVカット成分を含んだ商品のことを『UV乳液』と言います。紫外線を防ぐ機能が備わっているため、朝のお手入れにぴったりです。

・ティント乳液
『ティント乳液』は、乳液本来の機能に加えて、化粧下地の役割も果たす万能な商品です。1つで2役をこなすため、バタバタしがちな朝のメイク時に重宝すると人気を集めています。

肌質に合った化粧水と乳液を選びましょう

基礎化粧品を選ぶ上で最も重要となるのが、自分の肌質にぴったりの商品を選ぶことです。


たとえば、脂性肌の方が油分の多い基礎化粧品を使うと、油分過多の状態になって余計にテカりやべたつきが気になる肌になってしまうでしょう。


このような状態を避けるためには、自分の肌質を理解した上で商品を選ぶことが重要です。


万が一、化粧水と乳液選びを間違えてしまうと、理想の肌から遠ざかるどころか肌トラブルの原因を引き寄せることになるため、注意しなければなりません。

化粧水と乳液の塗る順番が最重要

化粧水と乳液の恩恵をしっかり受けるには、お手入れの順番にも気をつけなければいけません。

乳液は潤いに蓋をする役割のあるアイテムなので、基本的には化粧水をつけた後に乳液をつけるのが正解です。

ここでもし、化粧水が馴染む前に乳液をつけてしまうと、潤い成分の浸透を乳液の油分で妨げてしまうこととなり、化粧水の潤い効果を実感できません。

潤いの効果を高めるためにも、化粧水をつけた後はじっくりハンドプレスをして、潤いが肌によく馴染んだのを確認してから、乳液で蓋をすると良いでしょう。
また、乳液の中には化粧水の前に乳液をつける商品もあります。乳液を先につけると、肌のハリやふっくら感を高める効果が期待できるそうですよ。

スポンサーリンク


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。