SEO対策とは、検索エンジンに向けてWebサイトを最適な状態に近づけるための対策のことです。


検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)とも呼ばれます。


つまり、インターネット検索結果で自社サイトを上位表示させたり、より多く露出させることを目的にSEO対策を行います。

SEOとは

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。

SEO対策を実施する目的

企業がSEO対策を実施することの目的は、一言であらわせば検索を通じてビジネスを成長させることです。

正しいSEO対策の方法は、「設計」「技術」「マーケティング」などあらゆる側面からサイトを改善することを通じて、Webサイトが検索結果でより多くの露出を得ることを実現します。

SEO対策の特徴として、広告と異なり、アクセスを獲得することに直接的な費用がかからないことから、Webサイトに多くのアクセスを集めたい商用メディアにおいては必須の取り組みであることがほとんどです。

また、SEOの効果はマーケティング全体を考えた中で様々な役割として貢献します。

・お問合せ・購入・資料ダウンロードなどの直接コンバージョンの増加
・自社サービス・サイトのブランド認知の改善・強化
・悩みの検索ユーザーとの接点の増加による顧客エンゲージメントの向上
リターゲティング広告リストへの活用

SEO対策上、最も重要なこと

SEOに関してはいろいろな情報が溢れかえっていますが、何が正しいのか明確な答えはありません。
しかし、SEOを行う上で最重要となるポイントは、

「良質なコンテンツを作成しユーザーに対して価値のある情報を提供し、検索エンジンに正しく内容を伝える」

ことです。

検索行動をとるユーザーにとって満足感のあるコンテンツ(問題が解決できる、新しい情報を得られる、専門的な知識を得られる等)を提供できなければ、どのようなSEO対策を行っても上位表示は見込めません。

コンテンツのクオリティを上げ、さらにそこから

  • ユーザーに対して分かりやすい文章にする
  • 検索エンジンに対して認識しやすい文章・記述にする

ということが重要です。

Googleの考え方を知ろう!

あなたが検索結果に上位表示したいと思っているページは、果たしてそのキーワードで検索をしたユーザーにとって本当に価値のあるものでしょうか?

検索結果の上位に表示されているページを全てチェックしてみてください。

現時点でGoogleが考える「ユーザーにとって価値のあるページ」が上位に表示されています。
その順位へ近づけるためには、自サイトのページをそれ以上に価値のある、独自性の高い、高品質で網羅的なコンテンツにしていく必要があります。

スポンサーリンク

Googleが最重要視する3つの評価基準 E-A-T

Googleの検索品質評価ガイドラインでは「E-A-T」の重要性が述べられています。

Googleが最重要視する3つの評価基準(E-A-T)

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

基本的なSEO対策:Googleから適切に評価してもらうために

コンテンツの品質と量

Googleは専門性の高い内容を評価する傾向にあります。

検索上位にあるウェブサイトには、独自の切り口で深く掘り下げた内容で、キーワードテーマに関するトピックスを網羅したコンテンツが多くあります。

またコンテンツ量(文字数)は統計的にみて多い方が上位表示に有利です。
それは、テーマを幅広く掘り下げたコンテンツは関連トピックを網羅し、結果としてコンテンツ量が多くなっているからです。

たとえコンテンツ量があっても闇雲に文字数が多いだけでは意味がありません。
コンテンツの品質は保ち、ユーザーにとって満足のいく内容(問題が解決できる、新しい情報を得られる、専門的な知識を得られる等)でなければなりません。

具体的な文字数の正しい答えはありませんが、800~1,000文字程度あれば低品質なものにはならず、内容の濃いコンテンツであると認識されやすくなるでしょう。
Gyro-nサイトの実例では、比較的難易度の高いキーワードでも2,000~4,000文字程度のコンテンツが順位アップにつながっています。

metaタグの注意点

meta description(メタ ディスクリプション)

meta descriptionには、検索ユーザーに検索結果ページの内容がどのようなものかを端的に伝える役割のほか、Googleにとってもページ内容を判断する手助けとなる役割があります。

ページへの流入を増加させる(CTRを上げる)ために、競合・上位ページと比較し、文字数は80~120程度で、ユーザーから見て魅力ある素晴らしい内容にまとめて下さい。ページタイトル同様、ここでもコンテンツから得られるベネフィットや結論を述べることで、CTR改善に役立ちます。

スマートフォン検索結果画面では50文字程度までしか表示されない場合があります。
そのため、メタ ディスクリプションも重要な単語やポイントはできるだけ最初に方に書いておくようにしましょう。

ページ評価が分散していないかチェックする

検索順位をチェックする際、対策キーワードのランキングだけを見ていませんか?
検索結果に表れる自サイトのページ(検索結果ページ)の入れ替わりや、複数ページのランクインまで確認できていますか?

サイトに新規コンテンツを追加していった結果、結果的によく似たコンテンツができてしまうと、Googleからもそれは似ているコンテンツ(類似コンテンツ)であるとみなされ評価が分散してしまう場合も少なくありません。

検索順位がなかなか上がらない原因として、同じキーワードに対しての評価が複数ページに分散してしまっていること(評価分散)があります。
しっかり検索結果チェックしていないとこのような状況の発生を見逃すことになります。

スポンサーリンク

カテゴリー: ビジネス基礎