美肌のために睡眠が大切なことはよく知られていますが、ダイエットのためにも質の良い睡眠をとる必要があります。

海外での研究によると、肥満度は7~8時間眠る人が最も低く、それより睡眠時間が短くても長くても肥満度が高くなります。どのくらい違うかというと、5時間睡眠の人は肥満率が50%アップし、4時間以下の睡眠ではなんと73%も上昇してしまいます。

スポンサーリンク

たくさん寝るとなんで痩せるの?

睡眠中はカロリーを消費するから

実は、ただ眠るだけでもカロリーが消費されるそうです。

逆に寝不足の人は、寝る時に消費されるカロリーが消費されずそのまま蓄積。

よく寝る人に比べて肥満率が上がるという結果に。

寝不足は高カロリーなものを食べたくなるから

また、寝不足だと甘いものや、炭水化物など高カロリーのものを欲する傾向が。
睡眠時間が短いと、食欲を調整するホルモンのバランスを崩し太りやすい体型になってしまいます。
寝る時間が少ないと食欲を抑えるホルモンの分泌も減るそうです

深夜に間食しなくなるから

夜遅くまで起きていると小腹が空いたり、甘いものが食べたくなることありますよね。
そういった深夜の食事をしないようにするためにも早く寝てしまうのがおすすめ。
食べる時間を睡眠に回せば、罪悪感も無くなります。

グッスリ眠れる食事のコツ

良い睡眠をとるための生活習慣のうち、特に食生活に関するものをご紹介します。

夕食は就寝予定時刻の3時間前には済ます

胃腸には、いわゆる腹時計と呼ばれる体内時計があります。お腹が膨れると眠くなりますが、グッスリ眠るためにはある程度、胃腸の動きが落ち着くことが必要です。

夕食を2回に分ける

夜ご飯から寝るまでの時間が取れない場合は、夕方におにぎりなど手軽に摂れるものを食べておいて、帰宅してから2度目の夕食を摂りましょう。ただし、2度の食事で夕食1回分ですから、カロリーオーバーにならないよう気をつけてください。

小腹が空いたら軽いものを少しだけ

眠る前に空腹を感じたら、5分間、本当に食べたいのかどうかを考えます。気を紛らすためにストレッチングなど軽い運動や読書、友人との電話も試してみてください。お茶や水を飲んだり、キュウリやセロリをかじってもお腹が満たされなければ、うどんなどの炭水化物を少しだけ食べてください。

眠気覚ましのおやつにはチョコレートを

カフェインはコーヒーやお茶のほか、チョコレートにも含まれています。午後の眠気対策として、おやつにチョコレートを食べると眠気が少なくなります。おしゃべりにも覚醒効果がありますから、友達と一緒に食べると効果が増します。ただし、高カロリー食でもありますから、食べ過ぎには気をつけましょう。

実は肥満と関係が深い睡眠の量と質。ダイエットだけでなく、メタボリック症候群の予防のためにも良い睡眠はとても大切です。ちょっとした工夫でグッスリ眠れるようになりますから、できることから少しずつ試してみてください。

スポンサーリンク

カテゴリー: ダイエット

1件のコメント

楽痩せが叶う!夕食抜きダイエットの秘訣 – Newsfactory · 2019-06-29

[…] 睡眠時間が多いと痩せるってほんと?効率の良い睡眠で痩せよう! […]

現在コメントは受け付けていません。