社内でミーティングをすると、つい時間が長くなってしまう事はありませんか?

長時間の会議は時間を奪うだけでなく、生産性も下げてしまういがちです。そこでオススメなのが「スタンディング会議」。

立ったまま会議をすると良い事が沢山あるようです。有名企業も取り入れている立ち会議についてまとめました。

スタンディング会議をするメリット

集中力が上がる

普段から座っての作業が多い人は、血流が滞っている可能性があります。特にデスクワークは長時間座りっぱなしなので、血流が停滞しやすいです。

ときどき立ち上がるだけでも血流がよくなりますが、スタンディング会議であれば、その効果は抜群です。血流がよくなれば、脳に血流が巡り、集中力が大幅にアップします。座り仕事が多い部署ほど効果があるでしょう。

頭の回転が鈍っている状態で会議をしても、いいアイデアは出ませんし、出たとしても時間がかかります。スタンディング会議で血流をよくして頭の回転を速めるのは、非常に理にかなった方法と言えるでしょう。

会議時間を短縮できる

長時間立っていると、当然のことながら疲れてきます。みんな「早く終わらせたい」という気持ちになるため、結論を促すことによって発言が多くなり、自然と会議時間が短縮されるでしょう。

座ってしまうとそれだけで緊張感が緩んでしまうので、立って会議をするのは緊張感を維持するという効果も期待できます。眠気を予防する効果もあるので、座るよりも集中力が維持しやすいです。

そもそも人間の集中力は短時間しか持続しないので、それならば立って会議をして、さくっと終わらせた方が効率的と言えます。

移動しやすい

立っていると、次のアクションに移りやすいですよね。スタンディング会議なら、発表者が登壇したり、立ち上がって質問したりする手間が省け、時間短縮につながります

言われてみると、機動性を考えたら、わざわざ座って会議する必要はないのでは? と思ってしまいますよね。長時間の会議だと疲れるので座った方がいいですが、立ったままの方が移動しやすいので、短時間ならスタンディング会議の方が効率的です。

会議を開いても活発に議論が行われないという時は、スタンディング会議で参加者同士が話しやすい環境を作ってあげましょう。

スポンサーリンク

お互いの距離が近くなって話しやすい

立っているときのほうが、座っているときよりも距離を詰めやすいという特徴があります。座った状態だと、相手との距離ができてしまいますし、遠くにいる相手に話しかけづらいですよね。

遠くにいる人よりも近くにいる人のほうが、話しかけやすいのは当たり前のことですが、人同士の会話が主体であるはずの会議でそれが見落とされています。

立って会議をすることで、相手との距離が縮まりますし、移動すれば室内にいる誰とでも会話ができます。つまり、スタンディング会議をすることにより、発言が促され、会議が活性化が期待できるということです。

カテゴリー: ビジネス基礎

11件のコメント

best app for keto diet · 2021-08-08

keto breakfast no eggs https://ketorecipesnew.com/

hogwarts a mystery dating gay · 2021-08-09

gay girls dating sites https://gaydatingzz.com/

real gay dating sites · 2021-08-09

new gay dating sites https://gaychatgay.com/

gay master slave dating sites · 2021-08-11

website for gay dating https://gaychatrooms.org/

gay asian dating vancouver · 2021-09-09

are gay dating sites cheating https://gaydatingcanada.com/

spanish gay dating site · 2021-09-11

gay sugar daddy dating https://gayedating.com/

dayton gay dating scene · 2021-09-11

dating based on interests gay https://dating-gaym.com/

writing an essay online · 2021-09-29

cheap custom essay writing services https://essaywritercentral.com/

現在コメントは受け付けていません。